WEAR IT! ライフジャケットを着よう!プロジェクト

Wear It! Facebook

ライフジャケット Q&A落水時はどうすればいいの?

ライフジャケットに関するみんなの疑問・質問や、知っていてほしいことをイラストを使ってまとめました。
あなたやあなたの家族、友人、子供がライフジャケットを着る際の参考にしていただければと思います。
こちらは無料でダウンロードできます。
監修 東洋物産株式会社

  • なぜ着るの?
  • いつどこで着るの?
  • どう選ぶの?
  • どう着るの? どう使うの?
  • どうメンテナンスするの?
  • 着水時はどうすればいいの?
次のページ
前のページ
loading

DOWNLOAD  PDF版11MB/2項/pdf  JPG版783MB/2枚/zip

6-1 落水時はどうすればいいの?助けられる側の対応 1.まずは落ち着く ライフジャケットを適切に着ていれば浮きます。あせらずにまずは落ち着きましょう。膨脹式ライフジャケットを着ている場合は作動索を引き、気室を膨脹させてください。自動膨脹式の場合でも、自動膨脹は補助機能のため、作動索を引いてください。2.体力を温存する流れが強く、泳いでも戻ることができないと判断した場合は、泳ぎ続けるのではなく、救助を待ちましょう。海の場合 できるだけ動かず、丸くなって体全体の表面積を少なくして水に熱を取られにくい姿勢をとると、体力の消耗も少なくなります。もしまわりに気づかれていない場合は、笛を吹いて落水をまわりに知らせましょう。防水パックに入れた携帯電話を備えていれば、「118番」で海上保安庁に助けを呼ぶことができます。 川の場合 下流側に足を向けて、あお向きで流されるようにしましょう。足が川底の岩などに引っかかる危険があるため、すぐに立とうとはせずに、なるべく足を上げて水面と平行になるようにしましょう。前方を確認し、岩や障害物が近づいてきたら、足で蹴って避けましょう。落ち込みに突っ込んだ場合、足を曲げてお尻から落ちるようにしましょう。流れの弱くなった場所や、川岸に近づけそうな時に川からの脱出をはかります。 6-2 落水時はどうすればいいの?助ける側の対応 1.まずは落ち着く落水者に声をかけて、なるべく落ち着かせましょう。近くに人がいる場合、助けを呼びましょう。2.すぐに水辺へ飛び込まない 落水者はパニック状態になり、引きずられ二重事故を招く可能性があります。 3.救助を依頼する 海上では海上保安庁に(118番)、内陸の湖や川では消防署に通報する(119番)「いつ」「どこで」「何があった」など落ち着いて伝えましょう。特に位置は正確に伝えてください。常にどこにいるかを把握しましょう 4.水に入らずに助ける 身近なものを使って助ける 陸の上からは、引き込まれないように腹ばいまたは、安定した姿勢になり、手や棒、ベルト、シャツなどにつかまらせて引き寄せます。 救命用具を使って助ける 「リングブイの投げ方」1 素早くロープの輪を重ねて作り、ロープの端を足で踏んでおく 2 下手投げで、落水者の後方に落ちるように投げる 3しっかりとつかまったら静かに引き寄せる助けられる側がライフジャケットを着ていなく、浮いていることが難しい場合、救助の依頼よりも浮き具やペットボトルや発砲スチロールなど浮力のあるものを渡すことを最優先してください。助ける側が複数いる場合は手分けをしましょう。 5.応急処置をする

その他のご質問

  • 体重何キログラムの人まで浮きますか?
  • ライフジャケットに適応体重はありませんが、着用できる必要があります。
    体に合ったものを選び、ファスナーやバックルなどを締め、着水したときにライフジャケットが上に上がらなければ浮くことができます。
    しかし、注意点として工具や安全靴など重たいものを持っていると浮力に影響を及ぼします。
  • ライフジャケットを着ていれば、何時間浮いていられますか?
  • 国土交通省の型式承認試験基準には「鉄片を7.5kg吊り下げた状態で24時間以上浮き続けられること」とありますの承認されたものであれば、最低でも24時間浮き続けられます。
    固型式は保存状態にもよりますが、ほぼ浮力の減少はありません。
    膨脹式は24時間で10%程度の浮力の減少はありますが、補助送気管に息を吹き込むことにより浮力を得ることができます。
  • 国土交通省の型式承認ってなんですか?
  • 型式承認とは、国土交通省が船舶安全法、海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律(海防法)の規定に基づき定めた安全基準に、適合した製品として承認する制度です。
    型式承認を取得するには、法令で定められている材料や製品の品質などに関した規則に則り、定められた試験を行い、合格する必要があります。
  • 桜マークってなんですか?
  • 型式承認を得た製品を、国土交通省の指定検定機関である「日本船舶用品検定協会」(HK)または「小型船舶検査機構」(JCI)で生産ロット毎に製品検査を受け、合格した製品に押される合格印です。桜マークが押印され、完成となります。
    桜マーク※こちらはイメージです。
  • 膨脹式ライフジャケットは飛行機に持ち込めますか?
  • 航空法、国際民間航空期間が定めた規則によると、膨脹式ライフジャケットに使用されるガスボンベは危険物にあたらないため、お一人様一着まで機内に持ち込みが可能とされています。
    しかし、国際線においては、外国当局の規則により規制もされる場合がありますので、詳しくは各航空会社にご確認ください。
  • 自動膨脹式ライフジャケットはどう膨らみますか?
  • 自動膨張式ライフジャケットが膨張していく動画です。(参考サイト:YouTube ワイズギア)
  • 手動膨脹式ライフジャケットはどう膨らみますか?
  • 手動膨張式ライフジャケットが膨張していく動画です。(参考サイト:YouTube ワイズギア)
  • ベルト式の膨脹式ライフジャケットはどう膨らみますか?
  • ベルト式の膨脹式ライフジャケット膨張していく動画です。(参考サイト:YouTube ワイズギア)
  • 落水してもライフジャケットを着ていれば、いのちは助かるのでしょうか?
  • ライフジャケットを正しく着ていれば体は浮き、助かる確率は高くなります。しかし、低体温症の危険性があります。
    低体温症とは、冷たい水により体温が奪われ、内蔵の温度が下がり臓器不全を起こして死にいたる恐ろしい症状です。
    水は大気の25倍もの速さで体温を吸い取っていいきます。
    落水しても海上保安庁に救助依頼できるよう、ライフジャケットを着て、携帯電話を防水パックに入れて常に身につけておきましょう。